ゆたぼんは中学も義務教育放棄?勉強や友達に支障は?(親目線の感想)

ゆたぽんは中学に入学しても義務教育を放棄? 話題

小学生YouTubeのゆたぼんが自らのYouTubeチャンネルで「中学校は行きません」って宣言してまたまた話題になっています。

確かにこれ、自分の子供がこんなこと言ってたら私なら「はぁ?何言ってんだ!学校行けやぁ」とブチ切れる案件ではある。

でも、ゆたぼんの両親が学校行かないことを肯定しているんだし、そんな状態で小学校も過ごして来れたのだから中学でも問題ないってことだろうけど。

中学って勉強も難しい友達関係とかを学ぶのには大事な時期。

一見すると義務教育を放棄してんじゃないかと思ってしまうゆたぼん一家の教育方針について、小学生の親目線で感想を述べつつお話ししてこうと思います!

スポンサーリンク

ゆたぼんは中学入学も義務教育放棄!みんなと同じが嫌!

ゆたぼんはもともと小学生の時に宿題をしなかったことで先生に怒られたり、集団行動というものに違和感を感じたことがきっかけ。

みんなと一緒が嫌というのをこの頃から感じていたってことです。

このへんは大人びてるんじゃないかと。私はみんなと一緒が嫌な時期って大人になってからだった気がする(笑)。

義務教育ってありがたい反面、集団行動というのを習わされるのである意味ではしんどい面もある。

ゆたぼんはそれが嫌だというのは分かる気がする。

みんなと同じことをして…っていうのは日本の社会の特徴でもあるからね。

会社だって斬新なアイディアを求めてる割には、あまり奇抜すぎる行動を取ると周りから浮いてしまう。。

前ならえだと素晴らしいアイディアなんて思いつかないですから。

なんで制服着なきゃならないのかとか、髪の毛も金髪はダメなん?っていう質問。

昔の私なら風紀が乱れるからっていう答えに納得していましたが、ゆたぼんはこの答えじゃ納得できないだろう。

風紀ってなんなん?って突っ込まれそうです。

きっと、髪の毛を染めるのはみんなが真似するからってのもあるけどね。

私が思うに、子供はまだ肌の弱い子が多いから、頭皮に髪の毛を染める薬を塗ると体に悪いからっていう方がまだ納得してくれそう。

制服は…決まってる方が今日何を着ていこうって迷う必要がないからいいかな~って思うけどね~。完全に親目線の意見ですが(笑)。

逆に義務教育のありがたい面はやっぱり学校で勉強を教えてくれることですね!

勉強って低学年のうちは教えれるけど、文章題とか複雑な面積を解く問題とかもう私の頭脳では教えることに限界を感じます。

幸いうちの子は算数が得意なようでほっとしてますが、まだ低学年。

高学年まで油断はできません。

今のうちに親自身簡単な算数の問題くらい解けれたらいいなと思っています。

ゆたぽんが義務教育を受けない理由を考察

ゆたぼんは中学も義務教育放棄?勉強に支障は?学力の程度について

ゆたぼんは中学校も通う気はないと言われてるので、義務教育放棄して大丈夫?と思っていたら。

普段は家でちゃんと勉強をしているんだとか。

YouTube動画の編集にかかわっている大学生の子に勉強を教えてもらっていたり、動画での企画で実際に専門の人に難しい微分積分とかを教えてもらっていたりしていました。

学習意欲は高いので勉強は嫌いではないんじゃないかと思いました。

こうしていろんな勉強のプロに習っているので両親が義務教育を放棄しているわけではないとわかります。

海外でも学校に通わず家で勉強をする子の話とかはよく聞くので、ゆたぼんはいち早く時代を先取りしていると思いますね。

ただ一つ問題なのは、動画とかでは高校レベルの問題を時間をかけて解いていて、それはすごいとは思うのですが。

日本はまだまだホームスクーリングは普及していない。

学習のペースとか、自己管理をどこまで親ができるかというのが課題でしょうか?

しかも、親が子供に勉強を教えると、身内同士だから必ず喧嘩するし。

逆にゆたぼん家は、ゆたぼんが「やりたくない」と言えばすんなり通してくれそうだけど、それはそれでずーっと勉強しない日が続きそうな気もする…

うちの子と比べるのもなんだけど、親が勉強しなさいっていっても全然しないし(涙)。

スポンサーリンク

ゆたぼんは中学も義務教育放棄?友達ができない問題については?

ゆたぼんはずーっと家でユーチューバーとして働き続けている。

だからYouTubeの動画関係で繋がった友達はいるだろうけど、それはほとんど年上のお兄さんとかお姉さんが多いのではないでしょうか?

いや、そもそもそれは友達と呼ぶほど親しいのかどうかも怪しいところだけど…

同い年の友達がいないから、同年代の子よりきっと大人びてるんだと思います。だって周りが大人ばかりだもん。

大人になれば確かに自分と違う世代の人と仲良くなって楽しく過ごすこともできます。

ただ、やっぱり同世代とは違うから甘やかしてしまう面はあるでしょう。

だからなれなれしい接し方、人を不快にさせる接し方にはならないように両親が日頃から注意することが課題だと思います。

合わせて読みたい>YOSHIのタメ口が生意気で炎上!菅田将暉はなぜ絶賛したのか推測

これはある意味勉強より大事なことだと私は思います。

YouTubeで宣伝をする時とか、横暴な態度を取ってしまうと仕事が来なくなるし。

ホームスクーリングって自由に過ごして勉強もできる分、上下関係とか友達関係で学ぶ道徳的な心とかを学びにくいというのが欠点だと思います。

この課題をどうやって乗り越えていくか、もしそれが克服できるなら、きっとまわりの批判する視線は変わると思いますね。

うちの子も基本自分の意見を押し通すので今でも育児に苦労していますが…

学校へ通ってからは少し譲るという気持ちが芽生えてきて、義務教育を受けてよかったと思うことはあります。

そういった学びをゆたぼんも得られることがあるなら、私はホームスクーリングも悪くないかなって思うんですけどね~…という感想です。

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました